アシュトンアソーク最後の投売り「アシュトンアソーク、引渡しできず」と題して7回にわたりレポートしてきたアシュトンアソークですが、6月末になって何とかバンコク都から建物使用許可も出たようで、早速今月から引渡しが始まっています。

アナンダーとしてもできるだけ速く引渡しを行って売上計上したいところであり、7月末までに残金を支払って引渡しに応じてくれる購入者に対しては、特別値引きのインセンティブも出してきています。

さて一方で、ここにきて一挙にこの表のように最後のダウンペイメントの売りが出てきています。

このことは予め予想してはいたのですが、中には24万バーツ/㎡以下の相当割安感のある投売りユニットも出てきています。

また、1ベッドルームだけでなく、レアユニットである2ベッドルームにもいくつか30万バーツ/㎡を下回るものが出てきていて、一考の価値は十分あると思います。

ただし、一旦、引渡しが終わり、土地局で移転登記をしてしまうと、売主には各種の税金がかかることになり、売却時のコストも大幅に増えることから、以後の売値は一挙に上がります。従って、もしアシュトンの投売りを買うのであれば、これが最後のチャンスということです。

ところで、私の場合、いわゆる両手仲介はやらないので売主から一切コミッションを取らない分、価格交渉で値引きが取れる立場にあるのですが、探せばもっと条件のいい投売り物件も出てくると思います。ただし、時間があまり残されてなく、多分、今月一杯ぐらいが山だろうと思っていますが…。

ただし、前回も書いたように、先週、現地に行ったときに見つけたのですが、何らかの問題が35階のプール周辺で起こっているようです。工事業者やアナンダーは詳しく言おうとしないのですが、現在修復工事中とのことで、そうなると、新築なのに一体どんな問題が発生しているのか、と疑問を持ってしまうのです。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村