Grand Park Viewつい2週間ほど前のことですが、私自身がバンコクで投資しているコンドミニアムのうちの1つ、アソークの1ベッドルームの売却を終えたので、今回はこの投資ついて一部始終を書いてみることにします。

ちなみに、日本人の場合、自分では買わないのに評論家のように分かったようなことを言う自称投資家が多いのですが、実はこれは機関投資家でも同じです。

仕事では何十億円という不動産に投資しますが、個人となるとせいぜい自宅を買ったことがあるぐらいで、投資物件など買ったことがない、という人が意外と多いですね。

そのくせ、自分はプロの投資家だというプライドがあって、ああだこうだと能書きだけは一流なので困ったものですが、実際、こういう人が多いのがこの業界でもあります。

それに、実際やってみると分かるのですが、商業ビルやマンションの1棟買いと、1ユニットだけ買う個人の投資では全然勝手が違うところがあり、しかもこれが海外不動産となると、プロでも思わず引いてしまう人が多いのも無理はありません。

従って、あまりこういう人たちの意見は参考にならないので、少なくとも何回か投資の入口、運用、出口を経験したことのある、むしろ個人の投資家の意見の方が参考になります。

ところで、いざやってみると言葉の問題はちょっと厄介ですが、バンコクでのコンドミニアム投資自体は基本ルールさえはずさなければ、それほどリスクが大きいわけではありません。難しい先読みが要求される株式投資の方がよほど危険だと私などは思うくらいなので、バンコクの不動産投資を考えている人には、私の経験を参考にしてもらえたらと思います。

まず、私がこのコンドミニアムを買ったのは2009年6月、ドイツ証券で働いていた頃にさかのぼります。まだ円高の頃だったので、為替は1バーツが2.8円でした。きっかけは何回かバンコクに来ているうちにこの街が気に入ったので、円高でもあるし、それなら試しに一つ買ってみようという気になったからです。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ
เพราะผมจะได้มีกำลังใจเขียนเรื่องอีกไปนะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村