Top5 in Thong Lo3月初めにセミナーを行って以来、もう3ヶ月以上経ちましたが、この間にバンコクの不動産市場にも新たな動きが出てきています。

そこで、来月、そのアップデートのつもりで久し振りにセミナーをやることにしました。

このところ、タイ経済も以前よりは改善してきているようで、トンローなどでもそれを見越した不動産の買いが引き続き入ってきています。

日本のデベロッパー勢もこれまでの地所、三井不、アトレに続いて信和、阪急がバンコクのコンド市場に参入してきていますが、それ以外にも今後出てくるような噂を聞いています。

一方、仲介ビジネスの方でも、日本人投資家だけ相手にしていても規模が小さいので、もっと大きなビジネスチャンスを求めてタイ、フィリピン、香港、シンガポールを含めた東南アジア諸国での支店を通じてクロスボーダー仲介を展開しようとしている日本の大手仲介会社もありますが、この戦略は面白いと私も思います。

もっとも、英語だけではどうにもならないのが東南アジアであり、タイ語、中国語、タガログ語など言語の壁を甘く見たら失敗するだろうとも思いますが…。

そんな中、バンコク市場では最近台頭してきた中国勢を始め、外国人投資家の投資意欲は今も旺盛で、相変わらずダウンタウンのプレビルド新規プロジェクトの売行きは好調のようです。

ただし、購入層が広がってくるに連れてターゲット価格も2,000万円前後が主流になってきているようで、ラグジュアリー物件からハイクラス、アッパークラスにも人気が出てきているという印象を受けます。

そんな感じでいつものように、市場動向、外国人投資家、売れ筋の価格帯、人気エリア、こんなの買ったらダメだ、こういうのが面白い等、最近の動きで気のついたことを独断と偏見でまとめながらセミナー展開していくつもりです。

尚、今回はいつもの東京、大阪、名古屋に横浜を加えて全部で5回のセミナーを行います。7月14日スタートなので、ちょうど3連休をまたぐことになりますが、時間があれば是非参加お願いします。

スケジュール
7月14日 午後7時 名古屋
7月15日 午後1時 大阪
7月17日 午後1時 東京
7月18日 午後7時 横浜
7月19日 午後7時 東京

CAD注)7月15日と17日の大阪、東京セミナーでは休日で時間もあることから、カナダの商業不動産投資についての紹介もします。
私も個人的に10万ドルほど投資していますが、為替リスク、空室リスクの観点から悪くない投資だと思っています。
経済評論家の藤巻健史氏も言っていますが、今の原油安はいつまでも続かない、と思う人には、
世界有数の産油国であるというだけで、資源国通貨安でこの10年で最低の安値にまで売り込まれているカナダドル資産へのシフトはお勧めです。
カナダはサミット先進国7カ国の中でアメリカに次いで2番目にGDPの成長率が高いにもかかわらず、今のカナダドル安は異常です。いつリバウンドが始まるか分かりませんが、いつまでも今の状態は続かないだろうと思っています。

それと、この投資にはタックスヘイブン(租税回避地)である香港でHSBC、ハンセン、スタンダード・チャータード銀行等でインターネットバンキング口座の開設ができるというメリットもあります。
一旦口座開設できれば、この口座をベースにタイを含め、世界中で不動産投資できることになります。当然、審査があるので100%確実というわけではありませんが、カナダへの投資のためという証拠があれば通常は口座開設できます。興味がある方は、是非参加してみて下さい。

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村