ザ・リザーブ トンロー2

Reserve 1ビッグ10デベロッパーの一角、大手プルクサーの初めてのラグジュアリーコンドです。

最初で失敗できないだけあって価格設定にも苦心したと見えて、トンロー通り周辺のプロジェクトが軒並み30万バーツ/㎡を超えてくる中、平均25万バーツ/㎡と割安感もあり販売開始から間もなく完売しました。

地形(じがた)の悪さやソイ55から離れていることから土地取得コストを抑えられたのかもしれません。
トンロー通りから140メートルほど奥に入っていますが、考えようによっては、その分、隣に高層ビルがなく眺望に優れるし、この辺はスクムビットとの交差点にも近く渋滞するので渋滞の騒音がなく静かだというメリットもあります。

また、総戸数110ユニットと規模も小さく、後に出てくるスーパーラグジュアリー級コンド、ゲイソーンのテラと似ています。ラグジュアリーコンドに求められるのは、大規模で豪華絢爛な共用部を持つプロジェクトもありますが、一方でこういうプライバシーが守られた質の高い空間というマーケットもあると思います。

私のプルクサーに対するイメージは、グレードセグメンテーションでいうとスパライと同様メインクラスのプロジェクトが中心のデべで、ルンピニよりはもう少し上のセグメントという感じです。また、売上高ではトップクラスの大手ですが、戸建てやタウンハウスの現地でネーウラープと呼ばれる面開発プロジェクトの比重が大きく、サンシリやAPのような日本のマンデベに近いデべロッパーではありません。

2年ほど前に戸建ての基礎工事で手抜きしたことが発覚しかなり叩かれたこともあったので、個人的にはあまりいい印象はありませんでした。従って、私も最初はプルクサーは日本人にはあまり関係ないデベロッパーだと思っていて、このプロジェクトについてもほとんど興味がありませんでした。

Reserve 2しかし、実際にモデルルームや現地を見たり販売価格をチェックしたりすると、
地形の悪さを巧みに使った秀作だと思うようになりました。現在、同じように地形の悪いプロジェクトであるBEATNIQをSCアセットがトンロー駅の南側で開発中ですが、平均28万バーツ/㎡と割高なこともあり、私なら迷わずトンロー通り側のザ・リザーブを選びます。

もっとも、プルクサーにとってこれまでやったことがないラグジュアリー級コンドなので、今後施工監理がしっかりできるかちょっと心配ですが…。

結論として、エッジやHQなどもそうですが、最初に割安感があるプロジェクトは販売開始後すぐの頃にリセールで出てきたものを買ってもまだ割安感があるので、竣工する頃にはゲンガムライで益出しできる可能性も高いと思います。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村