1 wireless今月20日に日本でのセミナーツアーから帰ってきて以降、ちょっと忙しかったので久し振りのアップデートになります。

この週末、30日に行うバンコクでの不動産投資セミナーでは、ありがたいことに30人近い日本人投資家が集まってくれるようですが、その準備や雑誌のコラム記事の執筆等で今までバタバタしていました。

さて、このバンコクセミナーも基本的には今月中旬に日本各地で行ってきたセミナーと同じ内容でやるつもりです。

ただし、日本では具体的にデベロッパーの名前を挙げて問題のあるところを指摘してきましたが、さすがにバンコクでそれをやるわけにはいかないので、ここでは具体的な会社名を削除しています。

ただ、今日、ちょっと嫌な経験をしたので敢えて書くことにしました。実は、タイの大手デベの一つでAPという会社があるのですが、ここは三菱地所とパートナー関係にあり、いくつかJVでプロジェクトを開発してもいます。

偶然ですが、今夜、BTSプルンチット駅から徒歩10分ほどのところにある新規プロジェクトのライフ・ワン ワイヤレスロードのオンラインブッキングが午後8時から始まりました。普通は人気プロジェクトの場合、プリセール初日に販売会場前で購入希望者が早朝から並んで角部屋や眺望のよいユニットを取り合うのが常なのですが、APは最近、オンラインブッキングという新しい手法で先行販売を始めました。

プロジェクト自体はセントラルルンピニという一等地にありながらグレード的に中より下のライフを持ってきて価格の割安感で勝負しているプロジェクトで、私も興味があり、現地まで見に行きましたが、確かにこのロケーションでこの価格なら売れ足は速いだろうと思っていました。

そして、今夜8時から予定通り、3フロア限定のオンラインブッキングが始まったのですが、8時になると同時におかしなことが起こり始めます。

Life Wireless私も興味があったので、売行きはどうだろうかと8時10分前にはログインし様子を見ていたところ、瞬時にして3フロアの全室が完売になったのです。

右の表が全て赤くなっていますが、販売済みという意味です。全部完売するのに5秒もかかりませんでした。

そこで私が思ったのは、APという会社はこんな人をバカにしたような売り方をするのかということです。

次回に続く

ถ้าเห็นว่าเรื่องนี้สนุกหรือมีประโยชน์ ช่วยกดนี้ให้หน่อยนะ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村