人気駅

ちょっと時間が経ってしまいましたが、DDプロパティが定期的に行っているBTS及びMRTの人気駅ランキングが出ています。

 

今回は1月から5月までの5ヶ月間ですが、見ての通り、昨年1年間のトップであったオンヌットが今も首位独走中です。

 

オンヌットの将来性についてはこのブログでもう何度も書いてきたので、今更触れませんが、バンワーやサパンクワイなどが入っているのは、やはり通勤に便利でかつ家賃、もしくは住宅価格の廉価なエリアを探すコスパ最優先のユーザー受けだろうと思います。

 

こういうところも需要はあると思うのですが、タイ人に貸すしかないセグメントなので、我々が投資としてイールドプレイをするには言葉が通じなかったり、家賃滞納等で苦労することになる可能性が高く、私は特にお勧めしません。

しかし、こういう渋い投資が好きな人も確かにいるので、そういう人にとってはシビレル投資対象だろうとは思います。

 

一方、MRTは第1位にフアイクワンが来ましたね。ここはサラリーが2万から3万バーツ台の中堅の勤め人が好んで住むというのが私の印象ですが、アソークやラーマ9、スティサーンで働くタイ人にとっては、職住接近でSCなども近くにあり生活に便利な人気駅です。でもこの辺は日本人エクスパットはほとんどいない混沌としたエリアなので、投資にはあまり向きません。

 

基本的に私はMRTよりもBTSスクムビット線、それもアソークからオンヌット間をお勧めします。この中では、特に四角で囲った駅が我々日本人が買っていい駅としてお勧めですが、唯一、ここからもれているのは、プロンポンです。外国人が集まる六本木みたいなところなので、タイ人にしてみればちょっと近寄りがたいのかもしれませんね。

 

以上、当たり前の面白くもない結論かもしれませんが、結局のところ、不動産投資というのは基本的に株式投資のような悪目買いとか逆張りというのはないと思って下さい。

一等地として既に不動の人気があるところに投資する正攻法の投資(富裕層が多い)、それと将来の発展性が見込めるエリアへの先行投資(土地勘があり投資経験豊富な投資家が多い)の2つだけ、つまり順張り投資が黄金則ということです。


ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村