コンドミニアムの選び方

2014年の6月に書き始めたバンコク不動産投資に関するブログですが、今は「バンコク コンドミニアム物語」にタイトルを変えて書き続けています。


4年以上もブログを書く中で、現地のコンドミニアム市場の動きを見てきていると、徐々に知識も増えてくるので、日本で「バンコク不動産投資」、そしてその続編である「続・バンコク不動産投資 実践編」という本を出版したり、一方で月刊経済誌「アレイズ」で最新不動産市場動向について連載をさせてもらっています。


私は投資コンサルタントであり、いわゆる仲介業務はやりませんが、むしろ、ある程度英語ができる人には、タイ人投資家や他の外国人投資家がやっているのと同じように、売主側エージェントとの直接交渉をお勧めしています。そうすることで、日系仲介業者に余計な手数料を払わずに購入ができるからです。

私の仕事を簡単に言えば、バンコクでコンドミニアムを買う日本人に対する、
投資家目線に基づいた助言業であり、1回につき7,000バーツ頂きますが、お問い合わせのあった物件に関するコメントレポートを添えて現地で面談させて頂きます。


また、よくあるご依頼内容ですが、まさにこれから買おうとしている物件に対し、価格、スペック、グレード、ロケーション等多面的に調査をして、コンサルタントとしてのセカンドオピニオンを出すこともします。

実際、このお問い合わせが一番多いのですが、日本で日系業者によるバンコク不動産セミナーを通して有望な物件を紹介されたが、本当のところは一体どうなのかという質問に対し、ストレートなアドバイスをしていきます。

もっとも、最近のプレビルドは竣工してもプリセール価格からほとんど値上りしてないものが多くなっているので、理由を説明してやめておいた方がいいという結論になってしまうのも多いのですが…。

しかし、不動産は大きな買い物であり、特に海外不動産の場合、市場特性も違います。従って、購入に踏切る前に私のような第三者の参考意見を念のため取っておいた方が、その判断材料としても役に立つのではないかとも思うのですが…。

さらに、日本に住んでいて有望物件探し、価格交渉の仕方がわからないというクライアントには、お客様の投資クライテリアについてご相談にのった後、それに基いてリテインド・エージェント(買主代理)として購入までフォローします。(これについてはリテインドエージェント業務についてをお読み下さい)


ところで、私がこれはいいプロジェクトだと思っても、そんなのはタイ人投資家は既に知っているわけで、バンコクに居るという地の利で先に買われてしまいます。特に、魅力的なプロジェクトほど、大した宣伝もしないうちに、いつの間にか完売になっています。しかし、日本人が外国でプロジェクトの優劣を見分けるのはそう簡単ではありません。

従って、このブログのレゾンデートルは、勝手が分からない日本人がババを掴ませられないで、タイ人投資家でも興味を持つような優れた物件を効率よく購入する一助になることだろうと思っています。


ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村